« 本日の映画 『鬼戯院 The Screen At Kamchanod』 | トップページ | 本日の映画 『デイブレイカー』 »

2012年1月17日 (火)

昼食日記 静岡2012年1月

仕事の関係上、年末年始は慌ただしかった。
今までと勝手が違う正月に、伯爵は少々戸惑い気味。
まったく休んだ気がしなく、いつのまにか忙しい毎日がまた始っていた。

どうしても外せない用事があって、1月初めの連休に静岡へ行く。
静岡は、入社以来ずっと身を置いていた地。
その記憶も徐々に色褪せ、妙に懐かしさを覚えるようになった。
当時あまり意識しなかったことが、いちいち懐かしい。
早く東京に戻りたいと思っていたあの頃の気持ち。
こんなとこ、面白くないと愚痴っていた自分。
それが今では全く逆となっている。

思えば親元を離れ、かなり長い時間をそこで費やした。
仕事をし、酒を飲み、遊び、泣き、怒り、笑った。
伯爵にとって、静岡はそういう地になっていた。

伯爵は思った。
今回の訪問で、昔の味を楽しもうと。
1泊2日の行程である。
食事の回数は限られている。
また食べたいという欲求を満たし、再び将来の再会を期すためにセレクトしたメニューたち。
何度でも食べたくなる、中毒性のある品々。
当然のことながら、お金を出せばもっと凄いメニューは多々存在する。
しかし、庶民派ゆえに有難さを感じさせるものもある。
これらのメニューは、明らかにかの地を訪れる楽しみの一つとなっているのだった。
思い出と結びついた味。
いつまでも残っていてほしいと思うのは、身勝手なことだろうか?

002
清水銀座『かづや』さんの天丼
海老天(2本)としめじ天がポイント。これで1150円だった。
濃すぎないタレも絶妙。
地元客ばかりですがcoldsweats01

028
静岡市『アンジュール』さんのオードブルランチ
この時はテリーヌ・生ハム・鴨の燻製
これにグラスワインとパスタ(↓)がつき1600円でした。
030
定番ズワイ蟹のクリームパスタ。
他にもランチはいろいろ。
平日と週末はメニュー違うかも?

036
幕の内といったら、東海軒さん。

038
シンプルながら、何故かヤミツキ。
何回食べたか覚えていません。
焼き鯖、牛肉煮、海老フライ等。
静岡ならではのわさび漬もアクセントに。
750円。

|

« 本日の映画 『鬼戯院 The Screen At Kamchanod』 | トップページ | 本日の映画 『デイブレイカー』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『鬼戯院 The Screen At Kamchanod』 | トップページ | 本日の映画 『デイブレイカー』 »