« 台北旅行 2011年12月(28) 松山空港 帰国 | トップページ | 昼食日記 静岡2012年1月 »

2012年1月17日 (火)

本日の映画 『鬼戯院 The Screen At Kamchanod』

『鬼戯院 The Screen At Kamchanod』
タイ 2007年 監督:Songsak Mongkolthong 96分

014

内容が推測できないジャケット。
とりあえず、ホラーということは分かる。
ジャケ裏は何となく隠れキリシタンムードを漂わせ、自分なりにイメージを作っていたら、何と全く違う内容でした。

1987年タイ国ウドンタニ・Kamchanodの森で起きた怪現象。
野外スクリーンが設置され、映画が上映された。
しかし、観客は全て消失してしまったのだった。
この事件に興味を抱き、調査を進めるYut医師。
事実を明らかにするうちに、医師の周囲で怪現象が起こる。
やがて調査の協力者が命を落とし、Yutの恋人であるAonにも魔の手が迫っていた。
Yutが探しあてた真実とは?

200201


ジャケには、1987年タイで起きた実話ベースなる文字。
本当か~?なぞと疑ってしまいますが、その雰囲気を重視してか演出は抑えめ。
バリバリの霊演出はほとんどなく、オカルト果汁90%の作り。
そんな訳で、ちょっと淡白なストーリー展開となっています。
オチも感覚的には理解できるのですが、人それぞれでしょうね。
正直、メリハリのない内容です。

200206

私的には、Aon役の女優さんに萌えを感じ、最後まで飽きずに鑑賞。
これがなければ、ちょっと辛いかな?
また、廃映画館にていわくつきの映画を上映するシーンがあり、ここのアイデアが非常に興味深かったです。

200203

200204
女性の後ろに映る霊・ファットマン!

|

« 台北旅行 2011年12月(28) 松山空港 帰国 | トップページ | 昼食日記 静岡2012年1月 »

ホラー映画 レア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台北旅行 2011年12月(28) 松山空港 帰国 | トップページ | 昼食日記 静岡2012年1月 »