« 台北旅行 2011年12月⑧ 光華商場 | トップページ | 台北旅行 2011年12月⑩ 功夫 蘭州拉麺(微風台北車站) »

2011年12月26日 (月)

台北旅行 2011年12月⑨ 18禁不禁

さて、光華商場のDVD屋で発見した『18禁不禁』とは?

元ネタは、You tubeで発見しました。
ドラマのヒロインとなる小薰が、MVでクリアな歌声を披露していたのです。
そのMVにはドラマの場面が挿入されており、私の嗅覚は何かを感じました。
以来、その曲『甜甜圏』を毎日のように視聴し、ドラマ自体に思いを馳せるようになりました。
ちなみに、主人公の阿傑を演じる阿本が、何となく堂本光一君に似ていたのもポイントでした。
『甜甜圏』では、なんとラップ・パートで小薰とデュエットです。

004


ドラマ自体は、2007年作品。
台湾の八大電視にて放映。
既に4年が経過しており、ドラマのDVDは光華商場の中でも1軒の店しか発見できませんでした。

発掘した品は、4巻組で1巻あたりDVD2片入り。
つまり全部で8枚になりますので、結構な重さと厚み。
30分悩んだあげく、購入いたしました。
450元でしたので、両替時のレートで1200円ちょっと。
安すぎるぜーっと心の中で言い聞かせながら、レジに向かいました。
若い兄ちゃんでしたが、随分と丁寧に『謝謝』と言ってくれたのが印象的。
心の中では『今頃、18禁不禁かよ』とツッコミを入れていたかもしれませんが……。

021

ドラマ自体は、簡単に言うとチョイ下ネタの入った学園ラブコメのようです。
字幕が中国語のみなので、雰囲気しか理解できないのが残念。
光一君ライクな主人公が三枚目を演じ、仲間達とおバカをやりながら、意中の夏念喬ちゃんと恋を育んでいくストーリー。
なかなか二枚目の阿傑君ですが、ドジで女子に白い眼で見られてしまうような役。
そのような役なのに、演じているのは台湾のアイドルグループ『棒棒堂』の阿本君。
ヒロイン夏念喬には台湾のモー娘『黒澀會美眉』の小薰ちゃん。
その他、男性キャラに『翼勢力』のY美と小草など、アイドルがこぞって出演。
人気も高かったのではないでしょうか。

18001

保健の先生がやたら短いスカートで色気タップリという日本的お約束もバッチリ。
女子はやたら気が強く、S気たっぷり。
あんまり誰が誰を好きとか、恋のライバルがどうとかのストーリーではなく、きちんとカップルが決まっている中での話なので、下ネタ入っても展開が微笑ましいです。
間違っても女性の裸なんぞは入りませんので、男性諸君は過度な期待を持たぬように。
台北の風景などがたまに映されるので、これは嬉しい誤算。

とにもかくにも、この時期に台湾で『18禁不禁』を捜した日本人は、そう多くはないでしょう。
もう引き返せないのだよ、マニアというものは。

18002

|

« 台北旅行 2011年12月⑧ 光華商場 | トップページ | 台北旅行 2011年12月⑩ 功夫 蘭州拉麺(微風台北車站) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台北旅行 2011年12月⑧ 光華商場 | トップページ | 台北旅行 2011年12月⑩ 功夫 蘭州拉麺(微風台北車站) »