« 本日の映画 『悪胎 WOMB GHOSTS』 | トップページ | 台北旅行 2011年12月② エバー航空189便 »

2011年12月18日 (日)

台北旅行 2011年12月① はじめに

今年も早いもので、あっという間に12月を迎えた気がするなあ。
振り返れば、本年は私的には良い年とは言えなかったような……。
特に仕事運。
震災の影響もあって、収入は激減。
現場を顧みないリストラ策で、仕事量は激増。
おまけに健康診断で重要器官に異常の疑いまで。
(しかし、これは大事には至りませんでしたがcoldsweats01

やりきれんな~。
来年もこんななのかな~。
そう思うと、むなしさばかりが胸に残りけり。
いかん、いかんぞー。
人間、楽しみがないといけません。
辛いばかりの人生って、どうよ!
そうだ、楽しかったことを思い出せ。
思い出すんだ、ジョー!!

そう思うと、香川さん扮する丹下段平(字あってる?)の顔が浮かび、マットを拳で叩く音が聞こえてきたから、あら不思議。
続いて、部屋の床に散らかったDVD群に目を遣ると、今年の6月に購入したアジアン・ホラーのジャケットが手招きしていた。

台湾。
一時的に仕事が減り、休みが取りやすかった6月に訪れた国。
あの時間が、はるか昔のように思われる。
思えば、やり残したことがある。
台湾のアキバと言われている『光華商場』をまだ訪れていなかった。
暑さと湿気と疲労が、私の行く手を阻んだ。
場所がよく解らず、汗と涙にまみれたあの日。
結局、近くのDVD屋でホラー映画を発掘したから良かったものの、私はまだ大陸を発見してはいなかったんだよね~。

ぞくり。
私の中で、なにか途方もないものが首をもたげた。
行くのか。
闇の中に浮かぶ僧侶が、私に問う。
私は、口を開きかけ、そして躊躇した。
再度、僧侶は問う。
行くのか。
『行く』と言うのは、簡単だった。
しかし、年に2回海外旅行というのは、私のサラリーにとって清水の舞台級だ。
後先を考えない。
無計画。
やめとけ、やめとけ~。
などと、妖怪ヤメトケイが耳元に出現。
ヤメトケイは、さらに不安を募る言葉をささやいた。
『老後が心配だよ~』
その言葉、重すぎる……。

そこへ救いの手を差しのべたのは、沖縄のヒーロー戦隊・ナントカナルサーだった。
何とかなるさー。
心配ないさー。
今しかないさー。
そうだ、確かに行けるうちに行かないと。
というわけで、私はナルサー・レッドと後楽園遊園地でガッチリ握手を交わし、再び訪台を決意したのでした。

せっかく行くのであれば、テーマを決めようと思い、あれこれ思案。
言いかえれば、今回の旅の目的。
ショッピング目的で海外を訪れる人って多いよね。
それは、私も一緒です。
もっとも私の場合、対象はオタク的グッズになってしまうのですがcoldsweats01
そして、台湾といったら『食』も楽しみの一つ。
という訳で、テーマは以下のとおりとなりました。

・台湾グルメを満喫(麺・点心・お茶・パイナップルケーキ)
・ホラー映画DVDを発掘
・台湾ドラマ『18禁不禁』のCD・DVDを購入
・光華商場を訪れる

6月に訪台の様子は、既にブログでアップしております。
しかしわずか半年の間に、大きな変化も見られました。
また、今回初めてご紹介する事項も多く含んでおります。
2011年総集編として、この先記事をアップしていきますので、少しでも皆さんの参考にしていただければと思います。

なお、今回の事前情報収集に関しては、ガイドブックや『台北ナビ』さん等のサイトを参考にしております。

*記事中ホテルや食事の感想は、あくまで個人的な実体験に基づくものです。
個人によって嗜好が違うのは、当然のこと。
このあたりは、予めご理解いただきたいと思います。

*イメージを掴みやすくするため料金を掲載しましたが、DVDなどは期間限定セールで通常より料金が下がっていたり、店によって料金が違ったりします。
その他全ての事項において料金改定も考えられますので、あくまで旅行実施時当日の料金としてご理解ください。

041

|

« 本日の映画 『悪胎 WOMB GHOSTS』 | トップページ | 台北旅行 2011年12月② エバー航空189便 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『悪胎 WOMB GHOSTS』 | トップページ | 台北旅行 2011年12月② エバー航空189便 »