« 台北旅行 2011年12月⑨ 18禁不禁 | トップページ | ゆく年くる年 怪奇伯爵の抱負2012 »

2011年12月31日 (土)

台北旅行 2011年12月⑩ 功夫 蘭州拉麺(微風台北車站)

光華商場探索を終え、そこそこの充足感を得て台北車站まで戻ってきた私。
『18禁不禁』コンプリートセット等で、既にリュックは異常な重さになっていました。
ホテルで荷物を下ろし、再び夕食へと出かけます。

今回訪れたのは、台北車站内にある、いわゆる牛肉麺店『功夫 蘭州拉麺』。
駅の2階に位置していますが、数年前に訪れた時にはありませんでした。
当初の来訪時は、夜市に行くために列車を利用。
確か何もなく、薄暗い雰囲気だったと記憶しています。
ところが、いつの間にか1階は綺麗なショップが幾つもオープンし、2階には牛肉麺ばかり集めたフードコートや、その他レストランが多く立ち並んでいました。
ちなみに、このお店は牛肉麺ばかりのフードコート・エリアではなく、逆方向に単独で位置しています。

023


外から中の様子が見え、店内に入らなくとも雰囲気が窺えます。
テーブルや椅子は飾り気がなく、場所によっては隣との感覚も狭いのですが、牛肉麺の店にしては敷地が広く、綺麗であるといえるでしょう。

事前情報で、麺を太麺か細麺か選択するとありましたが、これは席で注文した際に聞かれます。もちろん中国語でしたが、大学生のバイト君らしき男子がメニューに書かれている案内を指さしながら聞いてくれたので問題なし。
知らなかったら、ちょっと混乱するかもしれません。
バイト君連中は、結構背の高いチャラ男系。
私語などもありましたが、意外に親切だったし、英語も少し解るようで助かりました。

メニューに日本語表記あり、注文は楽です。
指さしながら、数を言えば簡単に伝わりました。
私が選択した麺は、牛肉がサーロインであると表記。
その言葉どおり、スジがあったり固かったりということはなく、食べ易かったです。
他にも肉の種類があったので、食べ較べしてみても良いかも。
そして、やはりダシの効いたスープが、奥深い味を出しています。
他に特筆すべきは、鳥の唐揚。
衣がサクサク、肉はジューシー。
スパイスと塩がミックスされたものが添えられていて、好みで付けて食べます。

紅焼牛腩拉麺 140元(約380円)
019

完全に鳥の唐揚です 80元(約220円)
022


総じて値段は安く、どれも味が良い。
品数も豊富なので、何度か通いたくなるお店でした。
特に麺類の種類が、多かった気がします。
落ち着いた雰囲気ではないのですが、それを十分にカバーするパフォーマンスが感じられました。
平日の19時くらいでしたが、席はチラホラ空いている程度の盛況ぶりでした。
時間帯や日によっては、かなり混雑するかもしれませんね。

レタス炒め 値段控え忘れました……
020

021
紅油抄手 70元(約190円)
ワンタンをラー油と山椒で味付け。
ラー油より山椒が強いです。

|

« 台北旅行 2011年12月⑨ 18禁不禁 | トップページ | ゆく年くる年 怪奇伯爵の抱負2012 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台北旅行 2011年12月⑨ 18禁不禁 | トップページ | ゆく年くる年 怪奇伯爵の抱負2012 »