« 本日の映画 『ラン!ビッチ ラン! RUN!BITCH RUN!』 | トップページ | 台北旅行 2011年12月① はじめに »

2011年12月13日 (火)

本日の映画 『悪胎 WOMB GHOSTS』

『悪胎 WOMB GHOSTS』
2010年 香港 監督:デニス・ロー 88分

004


ジャケットやタイトルから、テーマは一目瞭然。
怖そうな雰囲気は、ビシビシ出ています。
しかし、香港映画とは思いませんでした。
香港ホラーと解っていれば、期待しなかったのに……。

精神病院で不可解な事件が発生。
死産のため摘出された二つの胎児。
母親は別の女性で、時期も違っていたが、なんとDNAが一致していた。

舞台は移り、とある病院。
イケ面医師リーは、妻がいるにもかかわらず、同じ病院の看護婦ゾーイと不倫。
妻のウイニーは流産を繰り返していたが、再び妊娠。
しかし、またも流産してしまう。
夫婦の関係はギクシャクし、ウイニーは離婚を考え始めていた。
一方、ゾーイに妊娠の兆候が。
ゾーイは、リーに自分との結婚を迫る。
しかし、ゾーイの周囲には奇妙な現象が起き始めた。
そして出現する少女の霊。
ゾーイは、祈祷師である父親に相談するが、霊の勢いは増すばかりだった。
はたして、霊の目的は…?

Womg1

登場人物が識別しづらいのと、時系列が解りづらいということで、ストーリーを理解するのに苦労します。
ラストまで見て、なんとなく納得できるのですが……。
冒頭に不気味な雰囲気を放つものの、やはり香港ホラーらしさが出てしまいます。
祈祷師の件は、『霊幻道士』を感じさせますね。
半裸の一休さんみたいな小僧霊が出現して、オヤジに虐待されます。
こういう演出、タイ映画なら絶対しないのですが……。ダメ、絶対!というフレーズを教えてあげたいですね。

Womb3

女優陣が美形なのと、あちらのナース姿が特徴的。
霊描写は、ゲーム『F.E.A.R』を思わせます。
日野先生的ホルマリン胎児なぞも出て、注目すべき点も幾つか。
良くも悪くも、香港ホラー色が強いです。

Womb4

|

« 本日の映画 『ラン!ビッチ ラン! RUN!BITCH RUN!』 | トップページ | 台北旅行 2011年12月① はじめに »

ホラー映画 レア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『ラン!ビッチ ラン! RUN!BITCH RUN!』 | トップページ | 台北旅行 2011年12月① はじめに »