« 本日の映画 『人間解剖島 ドクター・ブッチャー』 | トップページ | 本日の映画 『ルームズ フォー ツーリスト』 »

2011年10月15日 (土)

本日の映画 『TEKKEN 鉄拳』

『TEKKEN 鉄拳』
2009年 アメリカ 監督:ドワイト・リトル

TEKKEN -鉄拳- [DVD] DVD TEKKEN -鉄拳- [DVD]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2010/11/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の殿堂入り格闘技ゲーム『鉄拳』を、ハリウッドで実写化した作品。
ゲームは、家庭用コンシューマー機においては、プレイステーションに一作目が登場。
2011年の時点で幾多のハードを越え、シリーズ6まで作られた怪物級の人気作。
多彩なキャラと技、心地よい操作性が特徴的でした。

Tekken_1_2


舞台は近未来。
世界に大きな影響力を持つ鉄拳コーポレーション。
総帥である三島平八に率いられ、その勢いは国家すら凌ぐほどになっていた。
スラム地区に暮らす主人公・風間仁は、ヤバい仕事に手を出し、鉄拳コーポレーションから追われる羽目に。
一緒に暮らす母が犠牲となり、鉄拳コーポレーションに復讐を誓う仁。
仁は、鉄拳財閥の主催する格闘トーナメントに参加し、復讐の機会を窺うが、そこにはある秘密が隠されていた。

Tekken_2


格闘ゲーム原作ながら、お色気シーン多めの作り。
およそ、日本の観客層を理解していないところが気になります。
セクシーな女格闘家なんぞも用意しているのですが、これは鉄拳の魅力ではありません。
どうせやるなら、『ランブル・ローズ』を実写化してほしいですなWOW。

どうしても、ゲームの魅力と比較してしまうので、格闘シーンにも不満は残ります。
全体的なレベルは標準値越えを果たしているものの、ゲームで作り込まれた技の魅力からは程遠い。
また、自分の使い込んだキャラ(二ーナ・ウィリアムズ)が、全くイメージと違う点も、原作ファンとしてはガッカリ。安っぽすぎるぞ、ウィリアムズangry

Tekken_yoshimitsu


逆に、風間仁役のジョン・フーは、原作のイメージを感じさせます。
画になるルックスですし、小道具のグローブがカッチョええgood
是非、部屋に飾りたいアイテムですね。

Tekken_3

|

« 本日の映画 『人間解剖島 ドクター・ブッチャー』 | トップページ | 本日の映画 『ルームズ フォー ツーリスト』 »

格闘映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『人間解剖島 ドクター・ブッチャー』 | トップページ | 本日の映画 『ルームズ フォー ツーリスト』 »