« ローディ | トップページ | 本日の映画 『人間解剖島 ドクター・ブッチャー』 »

2011年10月10日 (月)

本日の映画 『悪霊の餌食』

『悪霊の餌食』
2009年 オーストラリア 監督:ブレッド・アンスティ 81分

悪霊の餌食 [DVD] 悪霊の餌食 [DVD]

販売元:角川書店
発売日:2011/06/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

インパクトのあるジャケットではあるものの、内容とはイメージがちょっと違います。
このジャケット、私的には『コリン』と混同してしまいました。
邦題タイトルもいわゆる『死霊のはらわた』的使い方で、期待と不安が同居するパターン。
さて、気になるその中身は……?

Photo_7

ヒロイン・クレアは、家族に婚約者であるポールを紹介するため帰郷。
実家は、父親と祖母、妹の三人暮らし。
家族は温かく迎え入れてくれたものの、祖母の容態は思わしくなかった。

ある言い伝えを祖母から聞くクレア。
そしてその夜、奇怪な音が森から聞こえてくる。
何か、怖ろしいものの存在を、クレアは感じ取っていた。
それは、家の中に侵入し、祖母の元にやってきた。
クレアは祖母を守るため、勇気を振り絞って立ち向かう。
しかし、この行為が予想外の結果を生むことに……。

Photo_9


伝説上の怪物や妖怪などに興味のある方は、物語が始まって即元ネタが判ります。
そう、これは死を迎える者の家の前で泣くという、妖精の一種が題材となっているのです。
なんとも気味の悪い存在ですが、本来は害のある存在ではないようです。
しかし、この映画では解釈をアレンジして、ホラー志向を高めています。
その演出は、概ね成功といえるでしょう。

元ネタが控え目な分を、画の雰囲気やスプラッター描写、コックローチ等で補完。
特殊メイクも、なかなかの出来栄え。
おまけにゾンビ的存在や、悪霊のCG(合成能力は高め)まであって、製作側はきちんとツボを把握しているように感じ取れます。

Photo_10


私的に残念なのは、ヒロインに対する感情移入が難しかったこと。
『やるな』と言われたことをやってしまい、終わってみればトンデモない結果になってしまう。
ホラーにはよくあるパターンですが、婆ちゃんの安らかな死を邪魔したとあっては、ヒロインに同情できないですよね。

総じて、元ネタに派手さがない弱点を巧みにフォローした点は大きく評価。
低予算と思われる作品ですが、それを思わせない作り。
ただし、キャラクターへの感情移入度は、今一つ。
別の題材で、この監督の作品を観てみたいですね。

Photo_11

|

« ローディ | トップページ | 本日の映画 『人間解剖島 ドクター・ブッチャー』 »

ホラー映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ローディ | トップページ | 本日の映画 『人間解剖島 ドクター・ブッチャー』 »