« 本日の映画 『ドラゴン危機一髪’97』 | トップページ | 本日の映画 『怨霊 THE HOUSE』 »

2011年10月19日 (水)

本日の映画 『C.H.U.D.Ⅱ チャドⅡ』

『C.H.U.D.Ⅱ チャドⅡ』
1988?年 アメリカ 監督:DAVID IRVING 85分

003


確か、ビデオレンタル初期の頃だったと思います。
『CHUD チャド』というホラー映画があって、そのジャケットに心奪われました。
ホラーといえば、劇場公開の有名作品しか知らない頃でしたので、グロ系クリーチャーの素敵さに心奪われたものです。
本作は、どうやらその続編のようですが、驚くべきモデル・チェンジが施されていました。
神にも抗うその内容を、ご紹介します。

Chud2


舞台は、小さな田舎町ウインター・ヘブン。
大学の倉庫で実験用の蛙をいじっていたスティーヴとケヴィン。
なぜか、そこには遺体が置かれていた。
スティーヴがぶつかってしまったため、車輪のついたベッドは遺体を乗せたまま外へ飛び出してしまう。
遺体は車道に出て、そのまま坂道を下っていってしまった。

Chud5


これはマズイと二人は遺体の回収に奔走。
ようやく家に持ち帰り、バスルームにひとまず保管。
誤ってドライヤーを落とし、その電流で遺体が蘇生してしまった。
そう、その遺体こそチャドと呼ばれる人喰い地下住人だったのだ。
チャドに喰われたものは、感染して自らもチャド化してしまう。
かくして、街はチャドの脅威が広がっていく。
一方、チャド対策の国家機関が、消えたチャドの遺体を捜索。
スティーヴが関係していることを知る。

Chud3

『チャド』とは、一作目でニューヨークの地下に住む突然変異の人間を指していました。
それは人肉嗜好で、ほとんどゾンビに近い存在。
咬まれると、感染するのも同様。
本作は、その言葉のみを使用し、中身はヌルいコメディと化してしまいました。
人が咬まれるシーンでは、『ガブッ』という効果音のみで描写。
ホラーのお子様ランチですね。

Chud6


とはいっても、チャド役ゲリット・グラハムの微笑ましい演技や、その他の俳優陣に味があるので、前作を意識しなければファミリー向けコメディとして通用する作品になっています。
つまり、続編としては何の意味もなさないのですが……。
あ、良い場面もありますよ。
チャドがヒロインに恋し、最後に対峙します。
溢れんばかりの恋心。
チャドがヒロインに差しだしたプレゼントは、文字通り自分のハートheart01でした。
この演出は凄いsign03

ヒロインは、なぜか水着になってチャドを誘導
Chud7

プードルもチャド化
Chud4

|

« 本日の映画 『ドラゴン危機一髪’97』 | トップページ | 本日の映画 『怨霊 THE HOUSE』 »

ホラー映画 レア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『ドラゴン危機一髪’97』 | トップページ | 本日の映画 『怨霊 THE HOUSE』 »