« 本日の映画 『RE‐ANIMATOR3 死霊のしたたり3』 | トップページ | 本日の映画 『南拳北腿 SECRET RIVALS』 »

2011年9月11日 (日)

本日の映画 『ブレード 刀』

『ブレード 刀』
1995年 香港 監督:ツイ・ハーク 105分

Photo_2

簡単にストーリーを説明すると、孤児の刀工が親の仇を討つ復讐劇です。
そう聞くと、シンプルな物語のようですが、ここに風変りなアレンジが施されます。
まず、物語のナビ的役割を果たすヒロインの存在。
これが、不思議ちゃんなのです。
この娘のお蔭で、単純な話も意味不明の内容に様変わり。
ただ、これが最後に深い余韻を残すので、侮ってはいけません。

Photo_3


香港製ということもあって、主人公テンゴンの扱いは、悲惨の一言に尽きます。
賊に囚われたヒロインを救いに行くのですが、利き腕を切り落とされてしまう。
幸い、命は助かるのですが、『どろろ』みたいな少女と共に貧しい生活を送る羽目になる。
その場所すら、賊に焼き討ちされて、もう散々。
しかし、焼けた家の壁から、何と剣術の指南書が!!
ここから、テンゴンの修行が始まります。
復讐を誓い、片腕のみで剣を振うテンゴン。
修行シーンは、情念の塊が巧みに描かれており、さすがツイ・ハーク!

Photo_4

Photo_5


剣術を会得したテンゴンは、いよいよ復讐に燃えます。
極悪軍団を蹴散らし、いよいよ父を殺した男・双刀使いのルンと対峙。
貧乏ゆえ、それまで折れた刀で戦っていたテンゴンですが、それに鎖を装着してバージョン・アップ。これがまた、素晴らしい武器となります。
そして、10分以上に渡るラストの高速・壮絶バトル!
私的には、心に残る名シーンとなりました。

Photo_6

Photo_10


最後のシーンも、余韻たっぷり。
不思議ちゃん効果が漢方薬のごとく効いています。
テンゴンの笑顔、とても爽やかhappy01
良い笑顔ですねぇ。
ちょっと、不思議ちゃんに同情します。

Photo_11

Photo_15

|

« 本日の映画 『RE‐ANIMATOR3 死霊のしたたり3』 | トップページ | 本日の映画 『南拳北腿 SECRET RIVALS』 »

格闘映画」カテゴリの記事