« 本日の映画 『テキサス・チェーンソー・ビギニング』 | トップページ | 東京散策 丸の内・秋葉原・湯島 »

2011年9月24日 (土)

本日の映画 『緑茶』

『緑茶』
2002年 中国 監督:チャン・ユアン 

緑茶 [DVD] 緑茶 [DVD]

販売元:レントラックジャパン
発売日:2006/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する


Photo_5


見合いを繰り返す女性・ファン。
なぜかファンに惹かれる男・ミンリャン。
そして、ファンにそっくりな女・ランラン。
主に、この三人の人物を通して、出逢いと恋を従来とは別の角度から描写したラブ・ロマンス作品。

Photo_2


いわゆる恋のライバルが出現して、出会いと別れみたいなスタイルとは一線を画す作品。
ちょっと、不思議な感覚ですね。
これといった盛り上がりがなく、しかし最後まで興味は薄れない。
ミンリャンがファンに惹かれるように、観客もファンの話す内容に興味を持つのです。
この内容がなかなかショッキングで、あれこれ想像してしまいます。

そして、ファンにそっくりな女性ランランの登場。
ひょっとしたら、この女性はファンかもしれないのです。
姿形は同じでも、雰囲気が全く違う。
ミンリャンは混乱します。この二人は、同一人物ではないのかと。
ミステリー要素を会話に盛り込み、作品への集中力は途切れを知りません。

ミンリャン役にジャン・ウェン。二枚目ではありませんが、ちょっと危険な雰囲気を持っています。
囁くようなセリフ回しも印象的。
ファンおよびランラン役にヴィッキー・チャオ。『少林サッカー』とは別人のよう。
こちらも、難しい役ながら見事にこなしていますね。

Photo_3


ラストをどう捉えるか、ですね。
いろいろ考えちゃって、鑑賞後もしばらく余韻は続きます。
これはこれで、正解のような気もしますが……。

Photo_4


|

« 本日の映画 『テキサス・チェーンソー・ビギニング』 | トップページ | 東京散策 丸の内・秋葉原・湯島 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『テキサス・チェーンソー・ビギニング』 | トップページ | 東京散策 丸の内・秋葉原・湯島 »