« 本日の映画 『100年後…』 | トップページ | 本日の映画 『ドーン オブ ザ リビングデッド』 »

2011年8月27日 (土)

本日の映画 『ロウヘッド・レックス』

『ロウヘッド・レックス』
1987年 アメリカ 監督:ジョージ・パブロウ

001

原作・脚本は、『ヘルレイザー』でお馴染みのクライヴ・バーカー。
自身の短編『髑髏王』の映画化だそうです。
80年代のホラーブームに、勢いで作られたような作品ですね。

舞台は、アイルランドの田舎ラスレアの地。
歴史研究家のハワードが、家族旅行を兼ねて調査に訪れます。
そこに存在する教会に違和感を覚えるハワード。
この地には、何か秘密があるのでは?

Photo

一方で、村の丘に立つ石柱を動かそうとしていた村民は、その下に眠っていた怪物を掘り起こしてしまう。
暴走機関車のような、パワー系モンスター。
村では、怪物による惨劇が始まろうとしていた。

Photo_2

この怪物の正体と教会の秘密あたりが本作のポイントです。
これに、当時としてはソコソコのスプラッター描写を少し混ぜてあります。
確かに小説としては、興味深い話となりそうですが、本作にその魅力はありませんでした。
遠目に見ればナイスに思える怪物は、実はアップに耐えられないシロモノ。
その顔は、鬼の若大将といったところでしょうか。少しばかり、『ハッチェット』のビクターに似ています。
ともかく、怪物の顔が面白すぎて、怖さがすっ飛んでいくんですねwobbly

ただただ気になるあのシーン。
ロングショットで判りづらいのですが、ある男が怪物の洗礼を受ける場面があります。
その洗礼の仕方が、なんと怪物の小便を浴びることsign03
小説ならアリですが、実写ではおマヌケ以外の何物でもない。
決してコメディではないはずですが……。

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

|

« 本日の映画 『100年後…』 | トップページ | 本日の映画 『ドーン オブ ザ リビングデッド』 »

ホラー映画 レア」カテゴリの記事