« 台湾旅行 その5 パレ・デ・シン(君品酒店) 朝食 | トップページ | 台湾旅行 その7 誠品書店 信義旗艦店 »

2011年7月18日 (月)

台湾旅行 その6 台北101に行ってみる

 朝食後、この日は台北101へ。
 高さ509.2m、89階の展望台がウリです。

 Dscf0024

 近づくと、こんな感じ。

Dscf0025

 オフィス塔とショッピング・プラザ2つの入口あり。
 MRTの駅から歩いてくると、手前のショッピング・プラザ入口利用で展望台に行けます。
 オフィス塔入口は、警備員さんがいて、優しく追い返してくれます。
 (つまり私はオフィス塔に入ろうとしたのでした。もちろん、丁寧に案内してくれます)

 地下にはフードコート、上にはブランド店が軒を連ね、レストラン街も充実。
 まあ、観光客向きという気がします。
 ブランド店には全く興味がない私ですが、ガラス工芸の店に興味津々。
 元・女優さんが作りだす作品は、見る価値あり。
 金持ちだったら、是非買いたい品々。(5階 流璃工房)

 そして、意外にも時間を使ってしまった巨大洋書店。
 アメリカを中心に、各国の書籍がbell
 オタクの僕には、ピッタリの店coldsweats01

 Dscf0030

 ここで、カンフーマニアの僕を満足させるコミック発見sign03
 洋書店にて、我一人ほくそえむ……。

 Dscf0096

Dscf0095

 カッコ良すぎます。中身はオール・カラー。
 格闘ポーズの美しさ。天才ですね。

 そして、もう一丁。出前一丁happy02

Dscf0097

Dscf0098

 題名は、前者が『少林寺第八銅人』。定価200元=約600円
 後者が『功夫』。定価220元=約660円。
 全巻買って帰ろうかと思いましたが、10巻以上続いているらしく、断念。
 今度、全巻揃えてやるpunch

 ちなみに、原作者は『九把刀』さん。台湾出身らしいです。
 絵は『邱福龍』さん。香港の人気漫画家のようです。
 香港の定価も記載があったので、両方で売られているのかな。
 

|

« 台湾旅行 その5 パレ・デ・シン(君品酒店) 朝食 | トップページ | 台湾旅行 その7 誠品書店 信義旗艦店 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台湾旅行 その5 パレ・デ・シン(君品酒店) 朝食 | トップページ | 台湾旅行 その7 誠品書店 信義旗艦店 »