« 本日の映画 『ゴースト・オブ・チャイルド』 | トップページ | さらば愛機 そして…… »

2011年7月31日 (日)

本日の映画 『スクリーム・アット・ナイト』

『スクリーム・アット・ナイト』
2005年 アルゼンチン? 監督アドリアン・ガルシア・ボグリアーノ

 超カルトな作品の日本語版を製作・提供するメーカーWHD。
 安価な値段で、ついつい購入してしまいます。

 さて、本作はアルゼンチンでは有名?らしいアドリアン監督作品。
 他に『36PASOS』、『ルームズ・フォー・ツーリスト』の全3作が同時リリース。
 ジャケや宣伝文句から、自ずと高まる期待感ですが、その真偽はいかに?

 ちなみに、この作品の性質上、ある程度のネタバレのもとに感想を書いています。
 あらかじめご了承ください。

 冒頭は、ちょっと病的な男子学生のシーン。
 昔は母親に詩を書いてあげる子だったらしいが、いきなり女装&ブチキレ怒涛のビックリ展開。
 あまりの唐突ぶりに、こちらもパニック必至。
 続いて女子高生・朝の生着替シーンが執拗に流れます。

 全編通して、ハンディカムっぽいブレ映像。
 カメラには詳しくありませんが、素人目にもド下手であることが判ります。
 登場人物の説明描写を一切欠き、誰が主人公なのかも不明。
 レズ・拳銃自殺・交霊といった場面を脈絡も無く流し、パーツパーツを無造作に配置。
 ちなみに、これ見よがしなお色気映像も絶やさず。ただし、全裸のような直接的描写は殆どありません。
 こんな感じは最後まで崩さず、観客はストーリーを勝手に予測するしかないところまで追い込まれます。

 あくまで私的解釈。
 冒頭に出てきた男子学生はその後自殺していた。
 その霊が、女子高生たちの学校のトイレにいる。
 迷える魂は、交霊を試した女子高生に憑依した。
 憑依された女子高生は、ナイフ片手に凶行に奔る。
 という流れが主軸のようです。

 もっとも、これが判ったところで、何の足しにもなりません。
 それ以外にも、 自分の娘を探しにクラブへ行き、そこで見つけた娘と同世代の怒れるティーンを殴って犯してしまう親父のシーンが入り、カオスの渦が何重にも取り巻くのです。

 ゴア・シーンも期待とは裏腹に瞬間芸的短さ。
 血の色は、良いのですが……。

 ラストも要らぬ二重?三重?の意味不明どんでん返し。
 それでもしっかり挿入してきたヘンテコ余韻。
 訳分かんなくて、あなたもきっと、スクリーム・アット・ナイトwobbly

 Movie/スクリーム アット ナイト Movie/スクリーム アット ナイト
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

 

 
 

|

« 本日の映画 『ゴースト・オブ・チャイルド』 | トップページ | さらば愛機 そして…… »

ホラー映画 レア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『ゴースト・オブ・チャイルド』 | トップページ | さらば愛機 そして…… »