« MIO 『パーフェクト・ベスト』 | トップページ | ゾンビ映画大事典 »

2011年7月23日 (土)

台湾旅行 その8 フードコート

誠品書店 信義店の売り場はデカく、本やCD・DVD物色していたら、あっという間に時間が経ってしまいました。
幸い、ここの地下にフードコートがあり、昼食を摂ることに。
午後2時だというのに、非常に混雑。ほとんど席が埋まっています。

他に、いくつかフードコートを見ましたが、どこも同じような店が入っています。
チェーン店のようですね。
日本食もあります。

なるべくオリジナルティの高いものを、ということで中華系をチョイス。
メニュー読めませんでしたが、写真付きなので指さし注文で……。
と思っていたら、店のバイト女子が外国人拒否状態。
言葉わからず、端からダメ~みたいな。
メニューさすだけなんだけど……。

そしたら、もう一人の店員が代わってくれた。
値段は、定食でどれも190元=570円程度。

Dscf0033

こちらは、おかず3種にご飯とスープがつきます。
おかずは、選択性。
料理名や材料不明。中国野菜の炒め物定食が妥当な表現?
味は、チョイ美味程度。

Dscf0034

こちらは、外見上はマイウ感漂う一品。
鳥肉を甘めに炒めたもの。
骨付き肉で食べづらく、漢方的味付けが強い。
正直、私的には期待はずれthink

これに、セルフで冷たいお茶がつきます。
飲んでビックリwobbly
まっ、まずい。
ウーロン茶やとうもろこし茶に砂糖を混ぜたような味。
そういえば、日本でも麦茶に砂糖入れる地域や家庭がありますね。
それと同じ感じ……かな?

|

« MIO 『パーフェクト・ベスト』 | トップページ | ゾンビ映画大事典 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MIO 『パーフェクト・ベスト』 | トップページ | ゾンビ映画大事典 »