« 台湾旅行 その7 誠品書店 信義旗艦店 | トップページ | MIO 『パーフェクト・ベスト』 »

2011年7月23日 (土)

Children Of Bodoom 『Relentless Reckless Forever』

Children Of Bodoom 『Relentless Reckless Forever』

フィンランドのメタル・バンドの新譜です。
死神ジャケは、以前のアルバムを踏襲。

ホラー映画『リーカー』っぽいですね。
死神アートも進化しており、歴代のアルバムを見比べるのも面白いです。
ギターの名手アレキシ・ライホがヴォーカルも務め、ツイン・ギター、ドラム、ベース、キーボードといった構成。
音楽には疎いのですが、各パートが超絶技巧の持ち主のように思えます。
特にアレキシとキーボード担当ヤンネ・ウィルマンのソロバトルが聴き応えあり、複雑な曲調の割に、何度も繰り返しリピートしちゃいます。

ちょっと不思議なのですが、このバンドの曲は一回聴いただけでは良さが判りづらい。
昔のアレキシのボイスは癖があり、どちらかといえば魅力はありませんでした。
今は、進化していますね。味が出ています。
メロディも覚えづらく、ギター・ソロとキーボードのみに焦点をあてて聴いていました。
ところが、何度も聴いて、曲の組み立てが解かってくると、凄さがようやく伝わってきます。
この複雑さは、他のバンドが持ち合わせない才能の結晶といえるでしょう。

そして、ホラーマニアには捨てておけないバンド名。
なんでも60年代末期にエスポーのボドム湖で起きた凄惨な殺人事件から由来しているとか。
全てにおいて、私を唸らせるバンドです。

リレントレス、レックレス・フォーエヴァー(デラックス・エディション)(DVD付) Music リレントレス、レックレス・フォーエヴァー(デラックス・エディション)(DVD付)

アーティスト:チルドレン・オブ・ボドム
販売元:ユニバーサル インターナショナル
発売日:2011/03/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 台湾旅行 その7 誠品書店 信義旗艦店 | トップページ | MIO 『パーフェクト・ベスト』 »

MUSIC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台湾旅行 その7 誠品書店 信義旗艦店 | トップページ | MIO 『パーフェクト・ベスト』 »