« 本日の映画 『リーカー ザ・ライジング』 | トップページ | 本日の映画 『背後霊』 »

2011年7月 3日 (日)

台湾旅行 その1 エバー航空と松山空港

現実生活において、ネガティヴなことばかりが発生。
アー、どうして真面目に生活している人に不幸が襲いかかるのでしょうか。
誰も癒してくれぬなら、自分で癒すしかない!!
というわけで、急遽、台湾旅行を思い立ったのでありました。

しばらくは、台湾旅行ネタとホラー映画ネタを合わせ、掲載していきます。
オタクとグルメという奇妙な組み合わせ。
台湾旅行事情にも触れながら、怪奇伯爵風ネタをお楽しみください。

まずは、フライト。
今回はエバー航空の羽田―松山便を利用。
往路BR189便 羽田発10:50発、現地・松山空港13:30着。
復路BR190便 松山発16:00発、羽田19:55着。

なかなか良い時間帯です。
往路は、松山空港到着から空港を出るまで1時間かけたとしても14:30。
台北周辺のホテルなら、タクシーで20分程度なので、ちょうど15:00のチェックインができそう。
一つの誤算は、出発時の羽田空港への移動が通勤ラッシュにぶつかってしまうこと。
そのため、かなり早めに家を出発。
ギリギリ、ラッシュは避けられましたが、スーツケース持ってたらアウトでした。
空港宅配便利用で、これも回避!

松山空港には、MRT(地下鉄)の駅が直結しているので、こちらも利用できます。
地下鉄の入口に戸惑いますが、到着口から一度外に出たところにあります。
それが分からず、しばらく空港内をウロウロ。
知ってしまえば、取るに足らない問題でした。

地下鉄に乗って、ホテルのある台北駅(台北車站)まで移動。
3つ目の忠孝復興駅で乗り換え、そこから3駅目が目的地です。
こちらも時間にして20分程度の記憶が。
平日木曜日でしたが、途中から人が増えました。
そこそこの混雑ぶり。週末は、混みそうですね。
スーツケースあると厄介かもしれません。

台北駅に到着後、長い構内を歩くことになります。
案内版がしっかりしているので、あまり迷いませんでしたが、広大な地下街ですのでご注意を。

当日のエバー航空189便機内食。
エコノミークラスは、2種類から選べました。
こちらは、チキンメニューです。
ハーゲンダッツのアイスがデザートhappy02

Dscf0002

到着したエバー航空の機体

Dscf0005

|

« 本日の映画 『リーカー ザ・ライジング』 | トップページ | 本日の映画 『背後霊』 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『リーカー ザ・ライジング』 | トップページ | 本日の映画 『背後霊』 »