« インスピレーション | トップページ | 本日の映画 『リーカー』 »

2011年6月11日 (土)

本日の映画 『男たちの挽歌』

『男たちの挽歌』
1986年 香港 監督ジョン・ウー

香港ノワールの始祖的作品で、公開当時は派手なガン・アクション目当てに鑑賞しておりました。香港特有の感受性が盛り込まれていて、日本のドラマに慣れていた私にとっては、目からウロコの作品となった訳です。
もう一度鑑賞したいなあと思っていたら、DVDはレンタルからも姿を消し、中古でも結構プレミアがついてしまっていて、断念せざるを得ませんでした。

ところが、韓国版が少し前に公開された効果によって、めでたく廉価版となって再販sign01
もちネット予約して購入。もう、お前を放さないよheart01

ストーリーは、香港マフィアのホーを主人公に据え、その親友マーク、兄と反対の刑事の道に進んだ弟キットを巡る友情と愛情、葛藤を基軸に組み立てられています。
順風満帆だった関係が、一瞬で崩れ去っていく。裏社会の怖さを、極道の兄と刑事の弟という対極で描いた手法は、スムーズな感情移入を促します。

もちろん、マーク役のチョウ・ユンファがカリスマ性を発揮しているのは、間違いありません。そして、彼の落ちぶれ具合はラストへの復讐心を掻き立ててくれます。ラストの姿も、余韻たっぷりですね。

キット役レスリー・チャンも、負けていません。前半の、兄貴大好き感が噴出する無邪気な演技から、中盤以降の兄貴への嫌悪感のギャップが素晴らしいですね。
これによって、兄貴ホーの悲壮感は確固たるものになりました。

そして、ホー演じるティ・ロンの渋さ。
若かりし頃は気付きませんでしたが、本当に素晴らしい。
当時はチョウ・ユンファばかり取り上げられたような記憶がありますが、ティ・ロン万歳good

男たちの挽歌 デジタル・リマスター版 [DVD] DVD 男たちの挽歌 デジタル・リマスター版 [DVD]

販売元:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
発売日:2011/05/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« インスピレーション | トップページ | 本日の映画 『リーカー』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インスピレーション | トップページ | 本日の映画 『リーカー』 »