« 本日の映画 『ON AIR オンエア 脳・内・感・染』 | トップページ | 友人の婚約発表から一夜明け »

2011年5月28日 (土)

本日の映画 『デッド・アライブ』 ブレインデッド 米国編集版

『デッド・アライヴ』 ブレイン・デッド米国編集版
1992年 監督ピーター・ジャクソン

今じゃすっかり名の知れたピーター・ジャクソン監督が放つ伝説的スプラッター作品。
レンタルビデオ時代に一度だけ鑑賞し、スゲーッと手放しに喜びました。
その後、ホラーマニアとして経験を積んだ私は、再鑑賞の機会を狙うも、オリジナルDVDは既に超レアとなっておりました。(2011年5月現在の話)
当然、レンタルには置いてなく、中古には途方もない高値が……。
もう鑑賞できないかと諦めかけたところ、この米国編集バージョンの存在を知ったのです。

噂は知っていても、未見の方も多いかと思いますので、簡単にストーリーを。
もっとも、ストーリーより画像に注目の作品です。

主人公ライオネルは、母親と二人暮らし。
強烈な個性を放つ母親は、ライオネルにベッタリの、ちょっと閉塞的な生活。
そんなライオネルにも、突然春が訪れた。
雑貨屋の娘、パキータとの恋。
二人は、初デートで動物園を訪れる。
そこで見かけた、異様な生物ネズミザル。
スマトラ島にしか生息せず、現地では黒魔術に使われるという不気味なサルだ。
これに、息子を心配し、二人を尾行していた猛烈母ちゃんが噛まれてしまう。
母ちゃんに起こる身体の異変。
それは、ゾンビ化の始まりだった……。

強烈なスプラッターを、コメディでコーティング。
人体破壊、グロのオンパレードだけど、特殊メイクのチープさ等が生理的嫌悪感の鎮静剤となり、ギリギリのバランスを保っていますね。
ゾンビ同士のエッチ行為や赤ん坊ゾンビの誕生、その他クダらなくもオリジナルなネタが随所に見られます。
私的には、マーシャルアーツ神父の闘いぶりがツボ。
ゾンビパーティー大殺戮がツボ。
母ちゃんの最終形態がツボ。
そう、ツボ多き作品でしたね。再鑑賞して、良かったわ~。

皆さん気になる、オリジナルとの違いは、よく判りません。
どこにも説明ありませんから。
約20年前の記憶を頼りに、全く正確性のない推測をしますと、
①赤ん坊ゾンビの出産シーンがあったような気がする?
②赤ん坊ゾンビがおもちゃの車に乗ったシーンがあったような気がする?
③レイティングを考慮し、何らかのシーンが削除された気がする?
といったところでしょうか。
あまりに曖昧で、すみません。

少なくとも、本作の魅力は損なわれていない気がします。
自称ホラーマニアの方で、未見の方には経済的にもおススメですね。
ミートソース食べれなくなっても、私の責任ではありませんwobbly

P・ジャクソンが放つ超パワフルなホラー映画、延々と展開される大量虐殺シーンデッド・アライブブレインデッド 米国編集版 P・ジャクソンが放つ超パワフルなホラー映画、延々と展開される大量虐殺シーンデッド・アライブブレインデッド 米国編集版

販売元:ダイハンDAIHAN
楽天市場で詳細を確認する

|

« 本日の映画 『ON AIR オンエア 脳・内・感・染』 | トップページ | 友人の婚約発表から一夜明け »

ホラー映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『ON AIR オンエア 脳・内・感・染』 | トップページ | 友人の婚約発表から一夜明け »