2021年8月 2日 (月)

本日の映画 『デッド・カーニバル』

『デッド・カーニバル』
2017年 アメリカ 監督:エヴァン・セシル

※本記事は、グロテスクな表現を含みます

Dc008

 

 ホラー映画にも、いくつかのセオリーがある。
 ひとつのジャンルで多くの類似作品が作られた場合、セオリー崩しが始まる。
 表現したいことは同じでも、何か他作との区別化を図らなければならない。
 目立つことをしなければ、生き残れない。
 製作側は、必死にアイデアを絞らなければならないのだ。

 たとえば、スクリーム・クイーン。
 殺人鬼たちに散々な目に遭わされて、逃げ惑う。
 やがて恐怖を怒りに変えて、殺人鬼に中指を立て、『サノバビィッ~チ!!』と叫んで撃退。
 コスチュームはタンクトップにホットパンツで、画面に映える。

Dc003

 このパターンを捨ててしまうのは、かなりの勇気が必要だ。
 美女がズタボロになりながらも、セクシーさと爽快感を醸成してくれる効能を捨ててしまうことになる。
 それに替わる何かを準備できるか。
 これは、なかなか難しい。

 ここに本作の冒険がある。
 主人公はイケ面ながらも、かなりのヘタレ。
 このヘタレさは最期まで続くのだが、これがどうにもヤキモキしてしまう。
 本来なら、おバカでお色気担当の被害者要員も、アクティブ・シニアに変更だ。
 元気な老人たちの日帰りツアー参加客なのだ。

Dc001

 彼らが立ち寄ったロデオ・パーク。
 テーマパーク風にした観光牧場で、最大の見せ場はロデオ・ショー。
 それなりに楽しんだシニア一行だが、帰り際彼らの前に一人の女性が助けを求める。
 そこへ登場した黒ずくめのカウボーイ。
 彼は特殊な武器で女性を殺害した。
 目前で繰り広げられた惨劇に、パニクるシニア一行。
 なんとか逃げ出すものの、添乗員のサイモン君は置き去りに。
 サイモン君は、他にも捕らわれの身となった被害者たちと共謀して逃亡を図るのだが……。

Dc002

 いわゆるアメリカの田舎は、理不尽が一杯系のストーリー。
 動機なんて糞喰らえ。
 倫理の欠片も存在しない。
 そんなカントリー・ヘルが繰り広げられる。
Dc006
 被害者たちは家畜のように扱われ、様々なパターンで被害に。
 グロ度は比較的高めで、派手さが感じられる。
 テンポ速く、殺人鬼と被害者の追いかけっこ形態も飽きがこない工夫が見られる。
 殺人鬼は特殊な方法で筋力をアップし、被害者の首にロープを巻き付けてスィングなんて場面も。

 Dc004

 当然シニアも被害に遭い、凄惨な末路を辿る者もある。
 一般人が鑑賞したら、当然けしからんなんてご意見も噴出しそう。
 これをシャレと捉えることができるか、できないか。
 できない人は、そもそもホラー観る必要ないんじゃないのと思うのだが、何故か鑑賞してしまうんだな。
 それで正義感振りかざしてしまう。
 虚構を楽しむものなのに、無理に現実に持ち込もうとする。
 でもね、シニア俳優さんの演技は生き生きとしているんだなぁ、これが。
 定年もどんどん延長されているのだから、シニア活躍の場が広がってもいいんじゃない。
 ホラーでもね。

Dc007

 エンドロールに流れる曲が素晴らしく、余韻に浸れます。
 意外にも爽快感が味わえて、Good Job! 

Dc005

 

| | | コメント (0)

2021年6月16日 (水)

本日の映画『ZOOMBIE2 ズ―ンビ2 ネクスト・レベル』

『ZOOMBIE2 ズ―ンビ2 ネクスト・レベル』

2019年 アメリカ 監督:グレン・ミラー

※本記事は、グロテスクな表現を含みます

Zmb001_20210613235201

 

 まさかの続編が製作されていた。
 いや、アイデアは悪くないので、調理方法によっていくらでも続編製作可能なはずだ。
 ただ、前作同様に製作アサイラム、監督グレン・ミラー。
 大幅なチェンジは期待できないのである。
 ネクスト・レベルという副題に期待したが、ネクストではなく正反対ではないか。
 これは否定を表現したのではなく、本作と前作の関連に大きな誤解を生む可能性がある故だ。
 2作を続けて観れば、その理由が理解してもらえると思う。

Zzmb003

 今回は、密猟者グループが野生動物保護施設に侵入するところから。
 ミーアキャットに独自製法の麻酔薬を打つ悪い奴ら。
 その所業が、とんでもない事態を招いていく。

Zzmb008

 事態の収拾を図るため、密猟者も保護局員も協力。
 解決方法を見出すが、それはいくばくかのドラマを生む。
 前回、ストーリーの捻りがないと評したが、本作は少し練られていた。
 特にラストの繋げ方は、正当なる続編の存在感を示す。

Zzmb007

 CGもわずかにアップか。
 サイに踏みつけられる。
 ワニに呑み込まれる。
 カバに喰われる。
 貼りついたヤマアラシを剥がしたら、顔面ズルむけ。
 など。

Zzmb012

Zzmb009
 

| | | コメント (3)

2021年6月13日 (日)

本日の映画『ZOOMBIE ズ―ンビ』

 『ZOOMBIE ズ―ンビ』
 2016年 アメリカ 監督:グレン・ミラー

 ※本記事は、グロテスクな表現を含みます

Zmb012

 

 蒸し暑さが日増しにアップし、ついに半袖シャツ着用に踏み切る。
 ランニング・コースにアジサイの花をみつけ、我かたつむりの唄を口ずさむ。
 世間は梅雨を迎えようとしているが、すでにコロナ・ウイルスを迎え入れてしまった。
 五輪まで迎え入れて、気がつけば夏。
 未来に何が待っているのか、それは誰にも分からない。

 とりあえず、コロナ影響で仕事が倍増し、何故か賃金は減るという我が境遇に恨み節を。
 あ~ら、えッさッさ~ッ。
 『必殺 からくり人』山田五十鈴氏の掛け声をもって、日々を乗り切っている。
 優しさ頼りに生きてはきたが、優しさだけでは生きられぬ。
 早く来てくれ、からくり人。
 ウン、名文句だなぁ。

 

Zmb008

 さて、本作。
 オープニングでアサイラム・プレゼンツが明らかにされると、即座に方向性が判明。
 スピルバーグの超有名作品を想起させるオープニングだ。
 でも、安い。
 チープさ滲み出ていて、さすがアサイラムと納得。

Zmb004

 まずは舞台となる動物園の説明を。
 おそらく主人公と思われるエレン博士の祖父が企画。
 おそらくというのは、主人公にしては活躍薄く、キャラ描写が浅薄だから。
 祖父の夢を孫がようやく実現にこぎつけたのが、”エデン・ワイルドライフ・ズー”である。

 この動物園、並大抵のズ―ではない。
 なんと世界中の絶滅危惧種を集め、保護しようとしている。
 まもなく一般公開が予定され、実習生のトレーニングが開始された。

Zmb001

 一方で、お猿さんに異変が生じていた。
 何かのウイルスか、お猿さん凶暴に変貌し、職員を襲う。
 お猿さん達、研究室を飛び出し、脅威は動物園全体に拡大。
 異変に気付いたエレンは、動物園を封鎖し対処に乗り出すのだが……。

Zmb002

 

 ストーリーに捻りなく、ド直球な展開。
 アサイラムはテレビ用映画らしく、お色気シーンもなし。
 動物のゾンビ化を期待させるも、ビジュアル的な魅力に欠けている。
 どうせなら動物の腐敗感を出せれば良いのだが、そこまで手間はかけられない。

Zmb009

 動物はCGで、合成度も70%ほど。
 重要キャラのゴリラも、ハラニシゴリラに近い。
 スケール感に乏しく、大パニックでなく小パニックといったところ。

Zom009

 それでも、ホラーを名乗るいくつかのお楽しみシーンは忘れない。
 お猿さんに両目をくり抜かれる女性。
 ゴリラの怪力で頭部圧縮される男性。
 「私に中に巣を……」意味深な言葉で訴える女性のドイヒーな状態。
 安いながらも、それなりのアイデア用意しています。

Zmb003

 子役の少女、印象に残りますが、他作でも見た覚えが。
 ホラー界のマナちゃん!?
 コアラに襲われて、まぁ大変。
 あ~ら、えッさッさ~!

Zmb006

 

| | | コメント (0)

2021年3月 1日 (月)

本日の映画『the SONG of SOLOMON』

『the SONG of SOLOMON』
2017年 アメリカ 監督Stephen Biro

*本記事はグロテスクな表現を含みます

Sos016

 

 久々の更新。
 年始の更新も怠り、6か月更新がなければブログ消滅の警告メールをいただく。
 思えば昨年のコロナ休業から早一年が経過してしまった。
 その間、映画は見なかったのか?
 レビューは書かなかったのか?
 と問われれば、そうでない。
 武者修行のつもりで、Amazonレビュアーとして活動を続けていたのだ。

 一年で約150レビュー。
 参考になった票300以上と、ほとんど反応のない我がブログからすると少し世界の広がりを感じた経験となった。
 ちなみに、Amazonでは『ブラハム・カァ伯爵』の名でレビューを投稿。
 プライムの低級ホラー映画中心なので、もしかしたらお目にかかっていたかもしれない。

 

 

 さて、今後の活動は未定ながら、久々に我がブログに相応しい作品に遭遇。
 こいつは、スゲェぜ!ある意味で級だったので、ご紹介したい。

 

Sos017

 本作は、なんとアメリカン・ギニー・ピッグ・シリーズの4作目にあたる。
 もともとギニー・ピッグは1980年代の和製スプラッター。
 リアルなゴア表現が特徴で、相当なマニアしか受け入れられない作品群だ。
 私の嗜好ともマッチせず、観賞は避けていた。
 しかし、これが海外の一部マニアの支持を受け、遂にはアメリカン・ギニー・ピッグが誕生してしまった。
 アメリカンは1作目を観賞してみたが、やはり途中で断念。
 以後、接点なし。
 ところが本作の予告編に興味を魅かれ、日本のAmazonで購入できるとあって、ついつい観賞に至ったのである。

Sos019

 正直、ストーリーはあってなきが如し。
 冒頭で被憑依者であるメアリーの父親が喚いているシーンからスタート。
 おっと、悪魔の力が作用したか、自分の喉を切り裂き、そこに指を突っ込んで、なぜかそこから舌を引っ張りだして絶命。
 う~ん、ギニーっす。

Sos001

 悲劇のヒロイン・メアリーは既に悪魔に憑かれており、それを撃退するために神父が遣わされる。
 要は物語の大半をエクソシズム・シーンで構成し、そこにゴア描写を盛り込んでいる。
 父親の死後、メアリーと対決するはブレイク神父ら二人。
 この二人はあっさり悪魔の力に屈してしまう。
 ひとりは自分の舌を指でつかみ、大摘出。
 ブレイク神父は両眼摘出、頭部崩壊。

Sos005

 つづいて能力高そうなコルビン神父登場。
 悪魔祓いを開始するも、メアリーの連続内臓嘔吐に戦意と信仰心喪失。

Sos010

 満を持して登場したパウエル神父は、最初からビビりまくり。
 四股を固定されたメアリーだが、無理に手足を動かして開放骨折。
 筋肉は裂け、血がピューピュー。
 またしても邪悪な力が働き、パウエル神父はズボン脱いでメアリーに覆いかぶさる。
 なんとも冒涜的なシーンが続き、まさかのクライマックスが待っていた。
 エンターテイメントに徹してはいるが、教会関係者激怒の内容かもしれない。 

Sos014
 
 とにもかくにも、スゲェことは間違いない。
 内臓描写もチープ・グロなので、ギニー・ピッグというには違う方向性だろう。

Sos015

 

 

 

 

| | | コメント (0)

2020年6月24日 (水)

本日の映画 『フェノミナ』

『フェノミナ』
1985年 イタリア 監督:ダリオ・アルジェント
主な俳優:ジェニファー・コネリー ドナルド・プレザンス ダリア・ニコロディ

※本記事は、グロテスクな表現を含みます

 

Phe012

ホラーマニアには、言わずもがなの名作。
私も何回観賞したか、思い出せないほどです。
当然レビュー済と思っていたら、どこにも記事が見当たらない。
考えてみたら、メジャー作品って誰もが取り上げるので、天邪鬼精神が働いて避けていたのでした。
最近、もっと楽に生きようと、精神改造真っ只中。
許容範囲を意識的に拡げ、くらげのようなライフを目指しております。

Phe011

さて、本作。
主人公ジェニファーは、アメリカで人気のアクターを父に持つ。
母が出て行っちゃったので、ジェニファーはスイスのリヒャルト・ワグナー女学校に入学することになった。
この地は、スイスの魔境とも呼ばれている。
その原因は、フェーンという熱風が吹き、人をおかしくさせるというのだ。
真偽は不明だが、明らかに不吉な事件が起きていた。
少女を狙った連続失踪・殺人事件である。
人々は、シリアル・キラーの存在を疑っていた。

異変は、すぐに始まった。
完治したと思っていたジェニファーの夢遊病が再発したのだ。
混沌とした意識の中、ジェニファーは見知らぬ少女の殺害現場に遭遇してしまう。

Phe009


どうにか難を避け、ジェニファーは昆虫学を専攻するマクレガー教授と出会う。
マクレガーは、ジェニファーの持つ不思議な能力に気づく。
そう、ジェニファーは昆虫と意思疎通できるのだ。

 

Phe008

学校に戻っても、ジェニファーは落ち着かない。
そんな中、ルームメイトのソフィーが行方不明に。
校長はジェニファーの異常性を疑い、果ては精神病院に送ろうと画策。
友人たちからも苛めを受け、ジェニファーは学校を去る。

 

Phe013

再びマクレガー邸を訪れたジェニファー。
犯人の手袋に付着していたウジからヒントを得て、犯人の居場所を探す。
しかし、魔の手はマクレガーに迫っていた……。

 

Phe007


こんな美少女がホラーに!?
当時のホラー界は、話題持ちきり。
さらにイタリア流グロ描写も健在で、その取り合わせが斬新すぎた。
加えてBGMはゴブリン、アイアン・メイデン、モーター・ヘッド等のヘビメタ色強し。
強烈な個性をミックスすれば、たいていは失敗する。
しかし、本作は長い間マニアに愛され、ホラー史に君臨しているのだ。

冒頭のシーンから、本作の魅力は開花する。
バスに乗り遅れた観光客が殺害されるシーンだ。
こちらもキュートな女性だが、演じるは監督の娘フィオーレ。
殺人鬼に後頭部を叩きつけられ、顔面にガラスの破片が落ちる。
その割れ具合が見事で、そこから切断された生首が滝を下っていく。
生首や 白糸たぐり 眺めせしまに 
その後、その首はウジ湧くナイスな姿をマクレガー教授邸で晒すことになる。

 

Phe001

死体の腐乱加減にスポットを当てるなら、やはりプールが最強だ。
辛うじて原形を留めた肉片や骨。
頭部を這う鮮度抜群のウジ。
熟成度クラウン級の発酵汁。
そこにジェニファーを落とす発想は、アイデアマンというより精神の破綻すら疑うほどである。
しかし、これが本作の魅力のひとつであることは間違いなく、我々の中に眠るフェチの源を発掘する。

 

Phe003

満を持して登場するウジ王子の存在も、ミラクル。
造形と動きの気味悪さが、80年代ホラーを象徴するようだ。
この子の生い立ちは、ガイガー警部が訪れた精神病院から想像できる。
暴力、精神異常の遺伝。孤立感。嫉み。羨望など……。
想像力たくましい私は、殺人鬼のやるせない心情を理解してしまった。
ドロドロに汚れ、血臭漂うスイスの田舎町。
ジェニファーは、浄化を担う天使だったのかもしれない。

Phe004
 
感心するポイントは、他にも存在する。
大量の蝿がジェニファーを助けるシーンなど、虫の描写が秀逸。
スタッフの苦労を窺い知るシーンだ。
また、マクレガー博士の介護を務めるチンパンジー・インガが素晴らしい。
物語でも重要な役割であり、チンパンジー界のアカデミー賞必至の演技を披露する。

Phe006

| | | コメント (2)

2020年6月14日 (日)

本日の映画 『サタニック・ビースト 禁断の黒魔術』

『サタニック・ビースト 禁断の黒魔術』
2018年 ブラジル 監督:ロドリゴ・アラガォン

※本記事はグロテスクな表現を含みます

Sb004

 

 

「トニックウォーターをくれ」
バーテンの僕は、戸惑っている。
トニックウォーターだけか?
使途が判らず、単品で出してよいのかどうか。

男は、催促する。
「いいから、トニックウォーターだ」
客の要望には、応じなければ。

男の様子は、明らかにおかしい。
受け取った瓶を左手に持ち、自分の正面に置いた。
男の口から洩れる奇怪な言葉。
何かの呪文だろうか。
同じフレーズを繰り返し、額には汗が滲み出ている。
浮き出た太い血管は、興奮しているためか。
身体は小刻みに震え、瓶がカタカタと鳴った。

ドラッグだ。
ヤク中の人間など見たこともないが、僕は直感した。
人間、予想外のことが起きると、何もできなくなる。
僕の思考は停止し、眼だけが男の動向を見守った。

あっ。
異常に気付いた周囲の客も、同様に声を上げた。
男の頭が後ろに反り、瓶めがけて振り下ろされたのだ。
ゴツリという音が、氷のような悪寒を運んだ。

飛び交う悲鳴。
飛び散る血潮。
男の後頭部に貫通した瓶が、真っ赤に染まっている。
なぜ、瓶は割れていないのか……。
奇妙な違和感が先行し、僕の脳は状況を把握していない。

男の両手は、電流が流れたかのように痙攣している。
それでも、男の呪文はまだ続いてた。
ヤビエスラヌス、ハビエルベラモータ……。

それが悪魔を招聘する言葉だとは、後に気付くことになる。
この時はただ、漠然と感じただけだ。
地獄の門が開かれた……、と。

 

Sb010


……なんて、小説を書いちゃう梅雨の休日。
みなさん、いかがお過ごしですか?
レベルの低いホラーにありがちな、夢オチに近いオープニングにしてみました。
今回紹介する映画からインスピレーションを受けたのですが、共通項は黒魔術のみ。
かなり違う方向に仕上がりましたね。
何も考えずに創作すると、楽しいです。

 

Sb006

さて、本作のレビューに移りましょう。
監督ロドリゴ・アラガォンは、ブラジルホラーのパイオニア。
『デス・マングローブ』『シー・オブ・ザ・デッド』などのゾンビ作品が有名ですかね。
それに『吸血怪獣チュパカブラ』なんてのも手掛けてます。

ジャングル内の小さな村。
汚さ薫るゾンビやクリーチャー。
黒い血のスプラッター描写。
ちょっとしたエロス。
まあ、彼の作風は、こんなものです。
いまいち意味不明なところもあり、勝手に想像して補足する能力が必要かもしれません。
どちらかといえば、一般人には敬遠されるタイプですね。

ところが、ブラジルという土壌に育まれ、予測できない描写がマニアのツボを叩く。
特殊メイクは感心できるクオリティなので、新作出るとスルーできません。
ロドリゴ作品をはじめ、次期ホラーブームは南米が最有力!?
サンバ・オブ・ザ・デッド、よろしく!!

 

Sb012

脱線ばかりですが、本作のヒロインはクララという若き女性。
両親は不明で、人の良さそうなオジサンに育てられています。
ある日を境に、人生ガラリ。
一生分の不幸が、まとめてやってきちゃいました。
瀕死の旅人から渡された「シプリアーノの失われた書」は、地獄の扉を開くカギだったのです。
ああ、なんてHELL!!

 

Sb007

これまでの作品と違い、なんとなく垢ぬけ。
ダークファンタジー色混入ですが、期待したハチャメチャ度はナリを潜めます。
クライマックスでなんとか追い付き、特殊メイクを存分に披露。

Sb008

なんとなく過去名作へのオマージュが感じられ、たとえばエイリアンのフェイス・ハガーを思わせるチキン・ハガーが出現。
少々コミカルですね。
本で悪魔を呼び出すのは、「死霊のはらわた」でしょう。
最後の黙示録描写も、マニア向け。
直接描写ではないのですが、妊婦ネタのグロさが貴方の神経を掻き毟ります。
悪魔のベィビィ、ハイハーイ。
HELLの付け合わせには十分ですな。

 

Sb013

 

 

| | | コメント (0)

2020年6月 4日 (木)

本日の映画 『ブック・オブ・モンスターズ』

『ブック・オブ・モンスターズ』
2018年 アメリカ 監督:スチュワート・スパーク

*本記事は、グロテスクな表現を含みます

Bom001  

オタク(またはヲタク)というものは、興味のない者には全くどうでもよい文化を創造する。
オタクが存在しなかったら、少なくともゲームやホラーは発展しなかっただろう。
いってみれば、文化の絆だ。
絆な国内のみならず、世界へと繋がっていく。

残念ながら、私のネットワークに外国人のホラーマニアはいない。
かといって、積極的に関係を築こうとも思わない。
海外マニアの、計りしれないパワーに接するのが怖いからだ。
そもそも、会話ができないという語学力問題も解決すべきなのだが……。

 

いきなり、オタク談義などを披露したのは、本作にオタク・エッセンスがたっぷり詰まっているからだ。
作品説明によると、「アメリカのホラーサイトから飛び出したB級スプラッター」とある。
これだけだと、いまいち様子がつかめない。
アメリカのホラーサイトが製作したのか。
アメリカのホラーサイトが資金提供したのか。
アメリカのホラーサイトが原作なのか。
アメリカのホラーサイト関与率を算出してくれ、エプス教授!

Bom006

で、詳細不明のまま、観賞開始。
ヒロイン・ソィー、明らかにオタクの香り。
アメリカというより北欧系のような感じを受けるが、”日本のアニメ大好きです”タイプの外見だ。
幼少の頃、母親が失踪という過去。
その時ソフィーは、只ならぬ気配を感じていた。

Bom005

成長したソフィーは、18歳の誕生日を迎える。
友人たちと誕生パーティーを開くが、嫌いなクラスメイトまでわんさかやってきて、こんなはずじゃなかったのに~と困惑。
真面目なソフィーを前に、腐った友人共は酒を飲み、ナニまで始める始末。
そこへ突如現れたモンスターたち。
腐った友人たちが次々と悪魔の餌食となっていく。
ピュー。
プシャァー。
引きづり出されるお腸夫人とローリングすっとん頭。

Bom010


ソフィーの記憶が甦る。
ワタシ、あの怪物知ってるかも……。
幼き頃、母が読んでくれた本。
その本に、秘密が隠されているのではないか。
そして、ソフィーは母の秘密を知ることに……。

Bom012

 

デジャヴ感は否めないものの、チープなスプラッター描写が楽しい。
予算不足ながらも、やはりマニアのツボは心得たもの。
俳優がとても18歳に見えない、という一般人のご意見が多く寄せられているが、何歳になっても16だからと歌うアイドルが日本にいることを忘れないでほしい。
クライマックスは、お約束のチェーンソー。
唸りをあげて、血飛沫飛ばせ!
おっと、今の時代、飛沫感染は要注意でさぁ。

Bom007

| | | コメント (4)

2020年6月 2日 (火)

本日の映画 『REC/レック4 ワールドエンド』

 『REC/レック4 ワールドエンド』
 2014年 スペイン 監督:ジャウマ・パラゲロ

 *本記事は、グロテスクな表現を含みます

 Rc001

 REC1作目は、完全なるPOV(主観)作品として確固たる地位を築いたものでございます。
 POVといやぁ、『ブレアウィッチ・プロジェクト』が始祖と思っておりますが、その製作は1999年。
 RECは2007年と、実に8年の開きがある。
 ほぼ同時期かと勘違いしておりましたが、そんなことで感慨に耽るのはワタクシ含め少数のマニアだけでございましょう。

 REC1作目は、いやゆるゾンビ作品でございました。
 なかなかの出来栄えでしたが、POVというものは何度も見返すものではございません。
 良い映画は何回も見返すものですが、これは臨場感を売り物にした代償とも言えましょう。

Rc006
 

 前作のヒットを盾に、製作された2作目『REC/レック2』。
 通常なら、ここで脱落する可能性も大いにあるのが映画業界の常。
 それを見事に乗り切った理由は、何でございましょう。
 あまりに個人的な好みからいえば、悪魔要素を組み入れたことではないかと。
 これが数あるゾンビ群作品から、違う方向へと進み始めた兆しではなかったでしょうか。
 ちなみに、ここまではジャウマ・パラゲロとパコ・プラザの共同監督としてクレジットされています。

Rc003

 続きましての3作目『REC/レック3 リ・ジェネシス』。
 POVではなく、通常視点の作品という印象が強うございますな。
 私的には、一番好みの作品となりました。
 こちらはパコ・プラザの単独監督作品でございます。
 この感動を胸に、4作目の期待は大いに膨らんでおりました。
 着実に売り上げを伸ばす企業の決算を待つ心境。
 デイ・トレーダーなら、そう表現するやもしれない状況でした。

Rc005

 決算が発表された直後の大暴落。
 よくあることで、ございます。
 ピョーッてな、感じでしょうか。
 『なぜ?の嵐』って唱がありまして、吉沢秋絵の歌声が脳内スピーカーから流れ出します。
 ああ、私は孤独な少女。

 本作の舞台は、洋上の船。
 閉塞感ばっちりで、ホラーにはうってつけのシチュエーション。
 主人公に、1作目のテレビレポーター・アンヘラ(マニュエラ・ヴェラスコ)が復活。
 3作目までの生存者も集められて、まさに集大成ともいえる体制が整ったのでございます。

Rc004

 ところが……。
 まァ~、普通のホラー作品になっちまいました。
 悪魔要素が希釈されたのが、大きな要因でございましょうか。
 迫力は失われていないものの、オリジナルティは影を潜めてしまったのでございます。
 悪魔要素は、パコ・プラザ監督のアイデアで、パラゲロ監督はあまり歓迎していない?
 これまでの快挙を疑うような、そんな嫌ぁな空気が溢れだす始末。
 C級ホラーのようなラストに、才能は持続するとは限らないと決着。

 アンヘラさんのタンクトップだけは、眩しくて……、夏。

Rc007

 

| | | コメント (0)

2020年5月27日 (水)

本日の映画 『ザ・サンド』

『ザ・サンド』
2015年 アメリカ 監督:アイザック・カバエフ

*本記事は、グロテスクな表現を含みます

Snd005

春休み。

アメリカは3月下旬~4月上旬の2週間程度が該当期間だそうで。
これは日本でも変わりませんが、広大なUSAには地域によりビーチで泳ぐことができるようです。

本作は、学生が春休み中に3密必至のビーチパーティーを開催。
自粛警察がビッチな姉ちゃん達に地獄の指導を行う……。
いや、違った。
正体不明な『何か』に襲撃されるという内容。

Snd007

タイトルが『ザ・サンド』ですからね。
日本語にすれば単なる『砂』。
砂?
怖ッえぇ~。
なんて人は、滅多におりません。
松本清張の『砂の器』なんて作品には、タイトルだけで特殊な雰囲気を帯びているもんですが……。
『砂』単体は、どうにもいけねぇ。
反対に読めば『ナス』で、秋は嫁に食わすもんじゃありません。
いずれにせよ、『砂』というタイトル付けた時点で、本作は自ら品位を下げてしまったのでございます。

そういう点でいえば、これも一種の自粛でございます。
許容範囲の広い低級ホラーマニアも、なかなか触手を伸ばさない。
そんな作品なんでごぜぇます。

Sdn010

突然の気の迷いと申しましょうか。
何の期待も持たぬまま、本作を観賞することに。
水着の姉ちゃんが最初からエンジン全開サイクロン。
あ~あ、いつものパターンねって感じで、針仕事なんぞをしながら流していきます。
おおよそ、この手の作品は女優美的基準が自分のそれと合致しないのが常。
トップレスになろうが、針を止めることはございません。

何か、不穏な空気が流れ始めました。
トップレス姉ちゃんが、ゲロを吐いてます……。

Snd003

(ここで、針が止まる)

アメリカン・ジャイアンみたいなのが、ドラム缶にハマって出られません。
彼は、ずっとこのまま演技をするのでしょうか?

そうこうするうちに、惨劇スタートです。
砂に触れると、なぜか皮膚や肉が剥離。
僕、グロえもん。
この怪現象は、何なんだ!?
意外にも興味は尽きず、ドラム缶ジャイアンのベタなギャグと共に物語は進行。

Snd008_20200527093501

低予算であることは間違いないでしょう。
しかし、それを十分にカバーできるアイデアが詰まっておりました。

劇中のセリフにも注目です。
『何かが生まれたの?怪物的な?』
『砂が鳥を喰ってやがるぞ!?』
『くらげより何千倍も痛ぇ……』
『カブトガニが尻に刺さった女よりひどい……』

Snd009

| | | コメント (0)

2020年5月26日 (火)

本日のゲーム 『DreadOut』

Do001

 

日本においては、新型コロナの勢力がようやく収まりを見せ始めました。
ゾンビに代表される感染映画を腐るほど観賞してきた私も、身近に迫る死を意識したりして……。
幸い、感染は免れましたが、ちょっと体調を崩そうものならウォーキングデッドのオープニングテーマが脳内を駆け巡ります。
世界的な規模の感染が実際に起きるとは、ゾンビマニアも想像だにしなかったでしょう。
いや、世界にはゾンビの存在を頑なに信じ、シェルター準備している人が1人はいるかも知れませんが。
せめて人々が一刻も早く通常の暮らしを取り戻せるよう、心をこめてアイム・ニーガン。

Do008


さて、久々のレビュー。

『DreadOut』とは2014年にリリースされたインドネシア産ホラーゲーム。
PCゲームですが、以後続編と2019年には映画化されたようです。
わずかなスクリーンショットで確認した限りですが、映画も期待できそう。
日本リリースを期待しましょう。

ゲームの内容は、かつてプレイステーション2などで人気を博した『零』に似ています。
ヒロインが霊をカメラで写して封印するアイデアが斬新でした。
本作のヒロインは、インドネシアの女子高生。
仲間数人と女教師の一行が、道に迷ってしまう。
彼女らの前に突然姿を現したゴーストタウン。
そこにある廃校舎には、恐るべき過去が隠されていた。
って感じです。

Do004

ヒロイン・リンダの武器は、スマホ。
霊を撃退したり、現実には視ることができない謎を写したり。
アクション・アドベンチャーの形式を採用しています。
視点はサード・パーソン型。

Do005

 

実際にプレイしてみると、『零』と似て非なるところも多々あり。
霊のデザインや演出が秀逸で、噴き出された蛆の大群が床を埋め尽くす描写もあります。
『フェノミナ』でジェニファー・コネリーが落ちた汚水プールを想起させますな。
インドネシアの独特な世界観も手伝い、なるほど・ザ・ホラーワールドを意識する人にはうってつけ。

とはいえ、欠点もあります。
謎解き要素のポイントが、日本と違います。
知らず知らず日本産の親切設計に馴れてしまっている自分に気づくことでしょう。
一例をあげると、重要なアイテムがあれば日本産は光って注意を促します。
本作にはその演出がなく、あくまで予測や直感力に頼る必要があります。

Do009

癖を掴むとある程度は進められますが、サクサク進められるゲームではありません。
不本意ですが、既に柔軟な脳を失った私は攻略サイトのお世話になってゲームを終えました。
攻略見なければ、エンディングには辿りつかなかったでしょう。

ゲーマーとしては、負けを認めざるを得ません。
ただインドネシアのダークな世界観を楽しめたということで、無理矢理納得しました。

Do010

| | | コメント (0)

2020年1月26日 (日)

本日の映画 『処刑軍団ザップ』

 『処刑軍団ザップ』
 1970年 アメリカ 監督;デヴィッド・ダーストン

 *本記事はグロテスクな表現を含んでいます

 

Zap001_20200126105801

 

 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
 久々の更新になりますが、ブログの入力画面がリニューアルされたようで、とまどいコンフューズ。
 数日前に一度本稿を入力したのですが、画像挿入のタイミングで操作誤ってしまいました。
 年初のデータ喪失という仕打ちにモチベーション・ゼロとなり、また今年の更新も最低限になってしまう危惧を抱いております。
 数日経って、幸いにも気分は上々アゲランス。
 この勢いで書いてしまえと、フェニックスのごとく復活したのが本稿です。

 

Zap015_20200126105901

 そもそも、本日の映画はホラー・マニアにとって、かなり重要なアイテム。
 作品自体の内容・質というより、製作年に注目したいところ。
 1970年にこのような作品が製作・上映されたという事実は、驚き二郎です。
 これをレビューせずして、マニアを語るべきではない。
 そんな義務と使命感をもって、貴方にチェルシーあげたい。
 (ここまでで一旦下書き保存)

 

Zap016_20200126105901

 舞台はアメリカ・バレーヒルズという人口40人の村。
 ダム工事の人間が滞在しているが、それが無ければ本当に小さな村だ。
 ある日、この村に8人のヒッピー集団が流れ着く。
 彼らは自由気ままに行動するが、悪魔崇拝の儀式も執り行っていた。
 その様子を盗み見た村の娘シルビア。
 不運にも奴らに見つかり、慰みものにされてしまう。

Zap019_20200126105901

 

 ショックを受けたシルビアはふさぎ込み、弟のピート少年と保護者の祖父はこれを嘆いた。
 ヒッピー集団は村の空き家を見つけ、そこに棲息するネズミを捕えて食糧にしている。
 どうやら村に滞在するらしい。


 怒りが増幅した爺ちゃんは、銃を片手にヒッピー集団のアジトに乗り込む。
 「よくも可愛い孫娘を~!!」
 しかし、爺ちゃんはあまりに非力だった。
 手にした銃もあっさりもぎ取られ、ヒッピー女の洗礼を受けることに!
 馬子にも衣装、爺ちゃんに麻薬。
 そう、爺ちゃんはLSDを飲まされ、ヘロヘロに……。

 

Zap002_20200126105801

 どうにか帰宅した爺ちゃんは、自分の不甲斐なさと薬の影響でシルビア同様に塞ぎこんでしまった。
 ふたりの大切な家族を、こんな風にしやがって……。ガッデム、サーカス!!!!!
 ピート少年は、密かに「ヒッピー・ギャフンと言わせてやる大作戦」を画策。
 子供の悪知恵は、時として大人以上に残酷だ。
 神の助けか、悪魔の姦計か。
 ピート少年は、家の近くで狂犬病にかかったシェパードを目撃する。

 

Zap003_20200126105801

 

 犬を射殺したピート。
 死体から注射器で抽出したものは、そうBLOODだ。
 狂犬病に侵された血液が人体に及ぼす影響は!?
 ピート少年が知る由もない。
 ただヒッピーをギャフンと言わせれば、それでいいのだ。
 何となくヤバそう。
 お腹壊して、のたうちまわれ。
 ピート少年にとっては、狂犬病BLOODはその程度だったかもしれない。

Zap021

 抑えがたい怒りを隠し、ピート少年は村の女性が営む店の手伝いにいそしむ。
 隙をみて、商品のミートパイに混入させたのは、かの狂犬病BLOODだ。
 それを購入したヒッピーたち。
 破滅へのカウント・ダウンが始まった。
 (ここまででデータ再保存)

 

Zap007_20200126105801

 

 『ミートパイ狂犬病BLOODソースがけ』の影響は、計り知れなかった。
 食したヒッピーたちの意識は混沌とし、バイオレントに人を襲う者も現れた。
 しかも、それは襲われた者にも感染する。
 被害は拡大し、村全体がカオス状態に。
 果たして、バレーヒルズの運命はいかに。

 

Zap011_20200126105901

 

 1970年らしく、アイデアは科学的根拠のない安直SF。
 だけど、これが楽しい。
 感染者は口から泡を吹くだけの描写で、これに俳優の演じる狂気で恐怖を作り上げています。
 手・足の切断とか、グロシーンは当時を考えればかなりショッキング。
 ヤバい映画として、カルト的人気も頷けます。

 

Zap020

 結局、邦題『処刑軍団ザップ』の邦題と内容はかなり乖離がありました。
 もっとバイオレントなヒッピー集団が、アメリカの片田舎で住民を恐怖のズンドコに陥れるような内容を想像していたからです。
 ところが、ヒッピーたちは、それほど悪くはない。
 確かに悪魔崇拝やったり、ネズミ喰ったりしているけれど、基本は自分たちの世界の中だけ。
 シルビアも、覗き見しなければ乱暴されずに済みましたし……。
 どちらかと言えば、ピート少年の所業が気になってしまいます。
 子供ながらの短絡的なアイデアから生み出されたカオス。
 テーマ深し、ピート深し。
 いろいろな意味で、時代を感じさせる作品でした。

 朝の情報番組に似たタイトルがありますが、出演者のタイトルコールを聞くたびに本作を思い出します。
 せーのッ、ザップ!!
 (画像挿入の前に再度データ保存)

 

Zap004_20200126105801

 
 


  

 

 

 

 

| | | コメント (0)

2019年9月23日 (月)

本日の映画『ザ・レイド レディ・ミッション』

 『ザ・レイド レディ・ミッション』
 2017年 インドネシア 監督:ヘルフィ・カルディット

 

Raid014_20190923115601

 イコ・ウワイス主演の『ザ・レイド』は、インドネシア産格闘映画の存在を一気に高みに押し上げた。
 私はイコがそれ以前に主役を務めた作品『タイガー・キッド』から注目せずにはいられなかったが、今度は女性が主役の作品が出現。
 女性格闘映画は香港が突出しているが、本作にも期待感を抱かずにはいられない。

 

Raid004_20190923115501
 

 本作のストーリーは、極めて単純。
 テロリストが大使の娘を誘拐、とある島に立て篭もる。
 政府に無茶な要求をし、従わない場合は人質の島民を殺すと脅迫。
 偵察のヘリが島に近づくと、テロリストはRPGで撃墜。
 今度怪しい動きしたら、人質の命は無いよとテロリスト優位な状況に。

 これは迂闊には動けない。
 軍では極秘特殊作戦が練りに練られた。
 軍が動けなければ、格闘技の達人を集めた特殊チームを結成すればよいではないか。
 しかも女性なら、テロリストは気付かないだろう。
 極めて無謀とも思える作戦は何故か承認され、メンバーのスカウトが始まる。

 

Raid002_20190923115501

 シラット、カンフー、テコンドー、クラヴ・マガなど、格闘技その他のスペシャリスト総勢10人が集う。
 これを束ねるのは、女鬼軍曹。
 徹底的なスパルタ教育は、一般人をわずかの期間で軍人に仕上げた。
 テロリストに占拠された島で、人質奪還作戦が開始される。

 

Raid001

Raid005_20190923115601

 10人は、多いのではないか?
 その心配は、的を得ていた。
 せっかくの格闘技全部盛りも、あまりクローズアップされずに終わる。
 それでも女性によるシラット、クラヴ・マガ披露は珍しく、、格闘映画マニアには少なからず感動をギブる。
 内容は予想よりハードよりで、香港映画にあるようなコミカル部分は少ない。
 一般人ながら軍の教えを守り、任務遂行のために命も顧みない女性らの心的変化もお国柄を反映しているのかもしれない。

 Raid012_20190923115601

 

 島潜入時のカモフラージュである水着モデル装いシーンが適度な色気を放出。
 テロリストとの戦闘は、必死感溢れる流血大バトル。
 テロリスト側の使い手も、良い味出しています。

 Raid013

 Raid008_20190923115601 

| | | コメント (2)

2019年8月26日 (月)

本日の映画『THE BITE 変身する女』

 『THE BITE 変身する女』
 2015年 アメリカ 監督:チャド・アーチボルド

 *本記事は、グロテスクな表現を含みます

 久々の投稿でテンション・アゲリシャス!と言いたいところだけれど、必要に迫られて記事をアップします。
 というのは、近々文章を書かねばならぬ可能性があって、こんな駄文でも書いているのといないでは大違い。
 日々の鍛錬の必要性を感じた、ミスター・サマー・タイムなのでした。
 あのこ~ろの~、あっやまちぃ~。

Bt001

 

 さて、本作。
 主人公は、結婚を控えたケイシー。(高峰ではない)
 結婚への不安はあるものの、とりあえず友人2人とコスタリカに独身最後の旅へ。
 女三人でハメを外し、リゾートを満喫。
 現地で知り合ったイケメン?と危い関係になったりして、モラル的にどうよッなんて、真面目な貴方はツッコミを入れるでしょう。
 モラルは大事♪
 幼稚園は園児♪
 興奮したアイツは鼻血、イェイ♪(ラップでどうぞ)

Bt002

 そして、事件は起こってしまった。
 観光客は来ない禁断の場所。
 そこにはエメラルド・グリーンの川が流れ、ケイシー達は迷わず遊泳。
 水中で感じた違和感は、正体不明の何かに噛まれたものだった。
 皮膚に空いた小さな穴は、気に留めるほどのものでもない。
 ケイシーは、帰国の途に着くのだった。

Bt004

 戻ってからのケイシーは、結婚ムードとはほど遠い距離にいた。
 姑との不協和。
 漠然とした結婚への不安。
 そして原因不明の体調不良。
 やがて、其々が深刻度を増していく。

 何かに噛まれた痕は、特に酷くなった。
 明らかに化膿し、指で押せば膿汁が溢れだす。
 そして、部屋には不気味な異変が……。
 家主でもある姑がケイシーの部屋を訪れた時、事態は最悪の時を迎える。
 果たして、ケイシーの身に起きた異変とは?

Bt003
 

 冒頭がPOV映像のため、不安がよぎる構成。
 正直、POVにはウンザリしてまっせ。
 POV長かったけど、本編は違うので安心を。

Bt011

 本作は、SFクリーチャーと分類されるようだけれど、バリバリのSFでもない。
 現象や生態の解説がなく、それを推測する博士も出ない。
 ただ得体の知れない何かに噛まれ、女性がヤバい変貌を遂げていくのだ。
 ちょっとしたドラマの伏線があるが、展開が予想できてしまったので強烈なオリジナルティとはいえない。

 

Bt010

 ただクリーチャー描写としては、デザインというより表現に趣向を凝らしていて、そこは印象深いところ。
 どうみても、イクラのジュレといった小道具は、寿司屋で大好きなイクラが喰えなくなる注意報を発令。
 食べようとする度に、思い出すんだろうな、きっと。

 ラストもこじんまりと締めた感はあるが、ジャレッド・ストンピングの非情さに空いた口が塞がらなかった。

Bt005

 

 

| | | コメント (0)

2018年9月24日 (月)

本日の映画 『鬼畜の森 ゴアマスク・ファーマー』

『鬼畜の森 ゴアマスク・ファーマー』
2015年 イギリス 監督:デヴィッド・ライアン・キース

*本記事は、グロテスクな表現を含みます

Gmf001

 タイトルから容易に想像できるアイツ。
 そう、『13日の金曜日』に登場したジェイソンの影を、未だ僕らは追っている。
 続編が幾つも製作され、果ては宇宙までをも舞台に殺戮を繰り広げたジェイソン。
 サイキック少女や悪夢の殺人鬼フレディとの死闘を果たし、もうやり残したことはないと思えたが、何故だか再びそのデビリッシュな所業を目にしたいマニアは消えてはいないはずだ。
 だが、そのままジェイソンが主人公ではいけない。
 彼の残した功績が、飽食作用で塗り替えられてしまう。
 僕らの求めるものは、似て非なるもの。
 『13日の金曜日』エッセンスを感じさせ、さらにオリジナルティが加えられたテイストが必要だ……。

Gmf004

 さて、本作。
 勝手にジェイの面影を求めたが、原題は『レッドウッド・マサカー』。
 『悪魔のいけにえ』寄りであることが分かった。
 幻聴に取りつかれ、自分の家族をも惨殺した農夫のストーリーだ。
 あっさり殺人鬼の正体をバラして、どうすんねん!!
 そのような関西ツッコミが聴こえてしまうが、本作における殺人鬼の正体など重要なファクターではないといえよう。

Gmf002



 
 それは作中、キャンプファイヤーを囲みながら、さほど重要でない人物にあっさりと語られてしまい、以後何の捻りもないまま放置されるからだ。
 ゴアマスク野郎は、何故殺すのか?
 殺して、何をしたいのか?
 奴を止めるには、どうすればよいのか?

 これらの疑問を丁寧に解決すれば、作品に深みが増したような気がするのだが……。

Gmf003



 
 期待のゴア描写も、消化不良。
 雰囲気はある程度醸し出しているものの、何か物足りない。
 焼きそばに例えるならば、紅ショウガが無いようなものだ。
 この理由は、おそらく製作国の違いだろう。
 これがアメリカだったら、ジャンク的ハジケが期待できただろうに。

Gmf005

 どちらかといえば残念な作品だが、目からウロコ要素もなくはない。
 はじめは誰がヒロインか判らないほどキャラが薄く、主役としての華がなかった彼女。
 殺人鬼との絡みでみせる恐怖の表情は、スクリーム・クイーンの称号を授けたいほど。
 楳図かずお先生のホラー漫画に出てくるような表情が実写で見られるので、ヒロインの活躍に目が離せない。

Gmf007


 最後は、デンプシーロールばりの強連打を喰らうヒロイン。
 最後に立つのは、ヒロインかゴアマスクか。

 ちなみに、予告編には「禁断の実話を映画化!!」とあり。
 マジか~。
 貴方は、そう呟くに違いない。
 そして「鬼畜の有機農夫」というキャッチ・コピーが、腹を抱えるほどの悶絶ボディ・ブローとなって貴方を襲う。

Gmf006

 

| | | コメント (0)

2018年7月22日 (日)

本日の映画 『クロージング・ナイト 地獄のゾンビ劇場』




 『クロージング・ナイト 地獄のゾンビ劇場』
 2016年 カナダ 監督:セヴェ・シュレンツ

 *本記事は、グロテスクな表現を含みます

Cn001


 暑い!!
 暑さのレベルが半端なく、常に熱中症の不安に陥りながら過ごす日々。
 熱中症などかかったことがないから、その兆しをどう判断すれば良いのだろう。
 さすがにクーラーを1日中稼働させるには抵抗があり、窓を開けてみると恐るべき熱風がドロッと吹き込んでくる。
 このような状態では、とてもまともな映画など観ていられない。
 何も考えず、それでも刺激を忘れない。
 そんな作品が、必要だ。
 本作はまさに真夏の、悶絶級暑さの中でこそ威力を発揮する作品だ。

Cn009




 ある田舎町に、そのストリップ劇場は存在した。
 姉御肌の経営者ブルージーンは、かつて野球でその名を轟かしたワイルド姉ちゃん。
 しかし、その劇場も終に今夜で閉店となる。

 最後のステージを前に、踊り子たちは様々な思いを馳せる。
 そんな中、炭鉱夫らのグループがやってきた。
 舞台はソコソコの盛り上がりを見せていたが、炭鉱夫の一人に異変が生じた。
 トイレに駆け込んだ炭鉱夫は、大量のブラック・ゲロを放出。
 やがて理性のない殺人鬼に変貌した。

Cn002

 ステージの影で繰り広げられる理由なき殺戮。
 やがて、それは他の炭鉱夫らにも感染する。
 モンスター化した炭鉱夫らを止めるべく、ブルージーンの剛腕ピッチが炸裂する。
 はたして、ストリップ劇場の運命はいかに……。

Cn008




 ヒロイン・ブルージーンは女性ながら、元実力派野球選手という珍しい設定。
 常に野球ボールを身につけ、時には武器として使用。
 正直、私のタイプとは程遠いが、ラスオチのストリップ・シーンと、子供には理解できないであろうヤバいボール技に何かを得た気がする。

Cn003




 同様に、他のストリッパー達もかなり個性的。
 BPS(ブリッジ・ピス・スプラッシュ)で観客の度肝を抜くベイビー。
 その名のとおりオムツ着用のコスプレは、かなりヤバめ。
 出産間際の妊婦フランキーも、その死様を含めて他店にはない演出を用意。

Cn005




 予算が低いのか、怪物メイクはただの黒塗りながら、雰囲気は出ている。
 チープながらもスプラッター・シーンは強め。
 人物描写などもきちんと盛り込み、随所に仕込んだ伏線もきちんと処理。
 低予算ながらも、作りはしっかり耐震性を確保しているなぁ。

 いわゆるエロ・グロ・ナンセンスという内容ながら、隠れた技術を見過ごしちゃいけない。
 良し悪しで判断すれば、良いお下劣さ。
 ラストもかなりヤバい演出を含んでいて、それを喜べる自分は立派な下劣症候群。

Cn007



 
 某ミュージシャンも、ゲスの極みなんてバンド名にするから、ずっとゲス○○なんて言われ続けている。
 違う名前だったら、ここまで引っ張られなかったかもしれない。
 ゲスと下劣。
 ニュアンス的に、貴方はどちらに軍配を上げる?

 さあ、本作を観賞して、心の中でシャウトしよう。

 おゲッツ!!

 夏の暑さを吹き飛ばせっ。

 

| | | コメント (2)

«本日の映画 『リバイアサンX 深海からの襲来』